教員ブログ

2011年09月09日 | 見たことがないものが見える

  • 投稿者: 木村 嘉久

1000万分の1ミリが見える夢の光を作り出すことができる装置により、

誰も見たことがないものが見える次元が違う顕微鏡みたいなものが、

来年より運用されると、ニュース番組で報道されていました。

そのすごさは月から地球にいるアリを見ることができるくらいのすごさで、

細胞の中の原子までもが見えるという。まずは新薬の開発に使用される

そうで、随分と悩まされている花粉症から免れることが期待できそうです。

2011年09月08日 | 数太郎

  • 投稿者: 池田 信生

突然ですが、

「逆らいしぐさ」って、知ってましたか。

 

やってもみないうちから、

「だって」「でも」「しかし」「そうはいっても」

と文句を並べ立てたり、逆らったりしてはならない。

年長者の言うことには、とにかく素直に従ってみる、

自分が知らないことは知っている人の意見に従うことが大事。

多少、無理があってもそれを実現することが、本人の成長につながる。

 

以上のような内容です。

 

自分にも当てはまる事が多くて、反省しました。

 

自分にないものを持っている人に対して

素直な気持ちで従ってみる。

多少無理かなと思っても、まずやってみる。

何もしない事が一番いけないような気がします。

 

素直さって上達するには必要みたいですね。

 

2011年09月07日 | 高校生の時のゆめ

  • 投稿者: 西村 奈美

9月です。

朝晩はだいぶ冷えますが、日中はまだまだ暑いですね。

通信コースでは、先週から年次ごとに後期履修登録を行っています。

参加できなかった方は、来週の13日(火)午前に予備日をもうけていますので、必ず履修登録を行ってください。

昨日は1年次生の履修登録を行いました。先週から久しぶりにみんなの元気な顔を見ることができ、元気をもらいました。

 

 

今日は3年次生の進路ガイダンスがありました。

さて「進路」とはなんでしょう……

 

私は小さい時は男の子になると思っていました。

小学生の時は漫画家になりたかったです。今はもはや絵心もないです。

高校生になったばかりの頃、将来は何が何でも東京に出て一旗揚げると思っていました(笑)。

何かで秀でて認められたいというのはありましたが、ただ都会への憧れだけです……。

そんな私は東京へ行ったことがありません。千葉にあるテーマパークへ行くときに通るくらいです。

 

実際に「自分のしたいことってなんだろう」と、将来像を考えるようになったのはそれからすぐ、1年生終わりのこと。1つ上の姉がいること、そしてクラブの先輩と仲が良かったことから将来を考えるようになりました。

その地点から見ると、今の自分は「なりたかった自分」ではないように思います。

というのも、その地点に一度たどり着いて、さらにそこから「なりたい自分」が見つかってそこに向けて行動している途中だからです。なにで測れるというものでもない抽象的な話なのですが……。

 

いつになってもその時の選択が良かったかなんてわかりません。

時折「あの時こうしていれば」と考えることがあります。

「あの時、別の部活に入っていたら。」「あの時、別の高校に入っていたら。」と、そんな些細な選択を繰り返しますよね。

たとえばAとBを迷った挙句、Aを選択したとします。しばらくたって「あの時Bにしといたら…」と考えますが、仮にBを選択しても「あの時Aを選んでおけば」と絶対考えると思います。

その選択を悔やむのではなく、選んだ場所を充実させることが重要なんだと思います。

そしてそこで行動できるかで将来は変わります。

 

進路というものは高校生や学生にだけある言葉ではなく、いくつになってもむ路を考えるものです。

とはいえ、10代の選択はその後の人生に大きな影響を与えるのは確かです。

1・2年次生も遠い未来は考えにくいですが、身近なことから将来のことを考えてみましょう。

私も5年後10年後どうなっていたいのか。そのためには今、何をするのか。

少し考えてしまう1日でした。

2011年09月06日 | 乙武 洋匡さん

  • 投稿者: 梅原 節

 通信コースは、いよいよ後期の履修登録(時間割作成)です。9月1~2日から始まりましたので、今日は最終日となります。

 久々に、在籍する生徒が次々と登校するので、元気に登校する様子を見て嬉しいです。実際、授業が始まるのは10月に入りますが、後期も新しい時間割で、ぜひ頑張ってほしいです。

 

 さて、「乙武 洋匡(おとたけ ひろただ)さん」ですが、実は8月29日この西宮市に来てくださいました。教育講演会「子どもたちのためにできること」をテーマにアミティーホール(西宮市役所隣り)で開かれました。

 私は以前、乙武さんの著書『五体不満足』を読んだことがあり、その頃の乙武さんと、スポーツライターとして活躍されていた頃の乙武さんのイメージしかありませんでした。

 今回は、2007年~2010年にかけて勤務された「小学校教諭としての乙武さん」の生の声を聞けるということで、この講演会に行ってきました。

 

 開演前は西宮市民が続々と駆けつけ、立ち見の方もいるくらいでした。子どもたちの姿も多く、思わず乙武さんの口から「夏休みも残り数日ですが、宿題の方は大丈夫なのかな?」と。老若男女問わず愛される乙武さんの魅力を、私も肌で感じることができました。

 小学校教諭としての経験の中で、いろいろと苦労されたこともあったようですが、乙武さんの人柄とその魅力で子どもたちの「心の壁」が徐々になくなっていったように感じられました。

 「バリアフリー」についてどのように考えるか、という質問にこのようにおっしゃっていました。

「バリアフリー」には物理的なものと、心のものがあると思う。後者が重要である。「心の壁」がなくなってくる=同じ環境で同じように行動することが大切だ、と。

 

ここでは紹介しきれないくらい、「乙武さん」のお話から学ぶことがたくさんありました。とても充実した時間でした。

2011年09月01日 | こんなはずでは!

  • 投稿者: 栗谷 直樹

その一

 いよいよ2学期が始まりました。会いたかったよぉ~。待ちに待った始業式、ワクワクしながら教室に入ると、空席が…。我

がクラスいつも欠席が多いのですが。

その二

 先日、阪神高速を走っている時、「渋滞12km 西宮まで45分」という表示がありました。時刻は18時頃で、計算上18:45

になるので、高速道路を降り、国道を走ることにしました。着いたら18:50でした。

その三

 夏バテすることなく、体重が2kg増えました。

 

2011年08月31日 | 最終日・・・。

  • 投稿者: 西宮甲英高等学院

こんにちは。日浦です。今日で夏休みも終わりですね。しかし、この暑さはまだ続きそうな気配です。

生徒のみなさんは何かひとつでもよい思い出は作れましたか?

私自身は盆休みに子供を連れてプールや水族館に行ったり出来ましたので、今年は有意義な休日を過ごせました。

夏休み最終日ということで、宿題に追われている生徒もいることかと思います。

まだ終えていない人は、頑張って仕上げて下さい。

そして明日からの新学期、元気に登校しましょう。

通信コースの生徒は、明日から10月からの時間割(授業)を決めるため、後期の履修登録が始まります。

事前に修得している科目や単位数などしっかりと確認して、自分の予定と照らし合わせ無理のないよう時間割を決めましょう。

あと、自宅に送られている書類、筆記用具ぐらいはちゃんと学校に持ってきましょうね。(笑)

大事な自分の時間割のことですから・・・。また元気に登校してくれることを楽しみにしています。

2011年08月30日 | 夏休みが終わります。

  • 投稿者: 岡本 秀夫

今日は8月30日(火)です。8月もあと1日です。長かったような、短かったような夏休みが終わろうとしています。

私は基本的に「夏休み」などの長い休みが嫌いです。学校がシーンとなっていて騒がしくないからです。学校はうるさいくらいがちょうどいいと思います。

但し、今年の夏休みはここ数年の夏休みとは違ってました。生徒を連れて、土曜と日曜には大学、短大、専門学校のオープンキャンパスに参加することが多くありました。平日には企業見学にも出かけました。オープンキャンパスや企業見学は私にとって新鮮で興味深いことでした。私自身の勉強にもなったと思います。学校や企業の関係の皆さん、お世話になりました。ありがとうございました。

さあ、もうすぐ2学期です。3年生のみんな、頑張って行きましょう。では、また明日。

» 続きを読む

2011年08月26日 | 夏休みの宿題。

  • 投稿者: 新保 啓子

みなさん、こんにちは。

この週末はさいごの夏休みですね。

夏休みの宿題は終わりましたか?

 

宿題といえば・・・まず、前回の答えから発表します。

 5Lのバケツに水をいっぱいいっぱい入れて、3Lのバケツに移します。(5Lのバケツには2L残ります。)

 3Lのバケツを空にして、残った2Lを移しておきます。

 ふたたび5Lのバケツに水をいっぱいいっぱい入れて、3Lのバケツに移します。

 このとき、1Lの水が3Lのバケツに移され(3Lのバケツはいっぱいになります)、

 5Lのバケツには4Lが残っています。

 こうして正確に4Lを量ることができます。

 

答えがわかると(解説を見ると)、スッキリするものです。

勉強はこの積み重ねが大事なんだなと思います。

9月2日の課題テスト、日ごろの実力を発揮して頑張ってください!

2011年08月25日 | 数太郎です。

  • 投稿者: 池田 信生

皆さんこんにちは、数太郎です。

ブログの日が再びやってきました。

 

夏休みも後半に入りました。皆さん元気ですか。

前回のブログに載せましたが、

誰にでも公平に与えられた時間を有効に使えましたか。

 

時間は止まってくれない。

何があっても進み続ける。

つらい時も、楽しい時も。

いつも変わらず。

過ぎ去った時間は戻せない。

でも、過ぎ去った経験は生かせる。

無駄に過ごしたと思えば、

今から頑張ればいいんです。

やり残したことがあれば、

今からやればいいんです。

でも本気でね。

本気でやるって難しい。

それは本人次第。

 

誰もができることを、

誰もができないくらいに

続けてみましょう。

これなら本気でできるでしょ。

きっと結果が出ると思います。

 

まず、できることから!

入浴前のプッシュアップ30回

がんばってます。

2011年08月24日 | お盆のできごと

  • 投稿者: 西村 奈美

近頃は雨や曇りの日が続いていましたが、今日は久々に暑いですね。

暑かったり、少し肌寒かったり……変わりやすい天気で体調を崩しやすい時期でもありますので、十分気を付けましょう。通勤途中の電車にも制服姿の高校生が増えてきました。いよいよ夏休みも終わりです。

 

私の夏休みの思い出といえば……高校時代はクラブ漬けでした(o´Д`)=з

大学生の時には、フェリーで2日かけて沖縄旅行に行ったことが一番の思い出です。フェリー船内ではもちろん鬼ごっこしました(笑)レンタカーで島を巡り、1週間かけて本土とは違った歴史・文化・風土・市街地の雰囲気を堪能しました。

 

そして今年の夏休みの思い出として、先週、京都の夏の代名詞「送り火(鳥居形)」、そして「嵐山灯篭流し」を見物してきました。どちらもお盆の時期に行われる宗教的行事です。お盆に戻ってこられたご先祖様の供養、そしてご先祖様があちらの世界へ帰るとき、帰り道を迷わないよう灯をともしお見送りするのです。

もしご先祖様があちらの世界へ帰れなかったら幽霊になってしまいます。(縁起悪いですね、すみません。)そのため、とても大切な行事なのです。

 

この日は昼ごろから嵐山へ行き、竹林から嵯峨野の奥の方まで歩きました。

天気も良く、暑くてどうにかなってしまいそうでしたが、竹林の中に入ると涼しく、竹の緑とその間から差し込む光が何とも美しかったです。

 

嵯峨野では二尊院と清凉寺という寺院に立ち寄りました。

清凉寺では、お盆の時期ということで特別に御堂の中の国宝「三国伝来の釈迦像」を見ることができました。この三国伝来というのはインドから中国、その後日本へと伝来されたというもので、日本の僧侶が中国へ渡った際に、中国の釈迦像を模刻して日本に持ち帰ったそうです。

そしてなんと、この釈迦像の中から中国尼僧の施入した絹の五臓六腑が発見されているのです。つまり中国において千年の昔に人間の構造を知っていた事を示すもので、これは解剖学的にも大変貴重な資料であるといえます。

 

また清凉寺では本堂から渡り廊下を通って中庭へ抜けました。

この渡り廊下はたびたび時代劇などの撮影に使われているそうですが……確かに雰囲気が漂っています。

また、境内では名物のあぶり餅を堪能いたしました。

 

日が落ちて桂川まで戻り、19:00から灯籠流しがはじまりました。

 

とても厳かで幻想的な時間です。

夜のためきれいな写真が撮れなくて残念です。

 こうしてぼんやり眺めながら、夏の終わりを感じてしまいました。

とはいえ、まだまだ暑い日が続きます…。早く涼しくなってほしいものです。

«前へ || 1 | 2 | 3 |...| 69 | 70 | 71 |...| 73 | 74 | 75 || 次へ»