教員ブログ

2017年07月25日 | 夏が来た

  • 投稿者: 池田 信生

みなさん、こんにちは。

夏休みに入りました。

今年は暑い夏になりそうです。

海や山でアウトドアを楽しむ

開放的な気分になる

ビールがおいしい

もちろん、未成年はダメですが。

気候もそうですが、

私的にもいろいろと・・・

今年の夏から何かを残していこうと思います。

夏は、やる事やって、遊ぼう。

良い夏休みを!

2017年07月14日 | 田んぼについた足跡の数で米のできが決まる

  • 投稿者: 北 康彦

先月田植えを行いました。「田んぼについた足跡の数で米のできが決まる」昔の人はよく言ったそうです。
高校生の時期を過ごしている、みなさんにも同じ事が当てはまるのではないでしょうか。高校時代の努力、
足跡が今後の進路や人生に大きく直結すると思います。
大きく成長できるのは「今」です。そのタイミングを逃す事のないよう、後悔のない高校生活を過ごしましょう。

2017年07月13日 | 常々感謝、日々精進。

  • 投稿者: 羽山 和慶

みなさん、こんにちは。

S-アドバンスの羽山です。

皆さんは、ケンブリッジノートをご存知でしょうか。

私は、4月ごろに教えてもらい、知ったところです。

ケンブリッジノートを使用している一人として、大前研一先生がいます。

大前先生は、このケンブリッジノートでとある会社のパソコンを変えたときのメモに使用していたみたいです。

一般的に、ケンブリッジノートは、情報収集や、ヒヤリングに使用するノートみたいです。

私が学生時代は、やりたいことは決まっていましたが、色々な業界に興味がありました。

その中で、ミリオネーゼで有名な秋山ゆかりさんとお会いし、その世界の勉強を色々とさせていただきました。

その節は、大変お世話になりありがとうございました。

 

学生時代は自由に使える時間が社会人と比べ沢山あるかと思います。

学生の本分の第一は学業ですが、

学業に加え、できるかぎり、色々な人に会い、出来る限り、色々な刺激を受けることをおススメします。

皆様には、本当に感謝しております。

その中でも、ケンブリッジノートを使用したことのない方は、一度、使用してみて、感じてみてはいかがでしょうか。

ケンブリッジノートの世界も。

感謝の心をもち、日々、精進したい方々はとくに。

 

大学ノート:革命的なIBM製PCのコンセプトを提示大前研一「お金の取れる頭脳ノート」【3】

http://president.jp/articles/-/6289

プロのコンサルタントはどんなノートを使っているのか?

http://online.sbcr.jp/2015/04/004018.html

秋山ゆかりさんのHP

http://yukari-akiyama.com/

» 続きを読む

2017年07月07日 | エコ

  • 投稿者: 池田 信生

皆さんこんにちは、

ブログ当番が回ってきました。

 

ビジネス基礎やビジネス経済の授業で、

「環境対策に関するビジネス」って項目があります。

そこで、こんな話を・・・・

 

ゴミの約60%が包装ごみ

そこで、便利なのが、

どんなものでもたった1枚で包み込む魔法の布

風呂敷です。

手で提げたり、背負ったり

包みを運ぶスタイルも自由自在。

使い捨ての紙袋やポリ袋より

ずっとお洒落でエコですね。

(マガジンハウス文庫「もったいない」より)

 

最近はエコバックがありますが・・・・

“ながれ” という風呂敷を知ってますか。

これは便利です。

撥水性にすぐれ、急な雨には傘代わりにもなったりします。

 

モノは大切に。

良いものは長く使えます。

 

エコってことですね。

 

2017年06月20日 | 梅雨

  • 投稿者: 梅原 節

こんにちは。S-アドバンスクラス1年生担当の梅原です。

1年生も入学してから、もう2ヶ月が過ぎ、もうすぐ1学期の期末考査がやってきます。

早いものですね。

学校にも慣れ、入学当初に比べると表情や顔つきにも大きく変化が見られます。

「自分を変えたい!」「今までできなかったことをできるようにしたい!」その強い気持ちがこの変化の表れだと感じます。

日々の成長を楽しみにしています。

 

さて、梅雨入りをしましたが、なかなか雨が降りませんね。

作物にとっては恵みの雨がそろそろほしいところではないでしょうか?

生徒たちの日々の成長を見ながら、作物もこの梅雨の雨で大きく育っていくのに、そろそろ雨が降るといいなあと思います。

 

学校の玄関には、紫陽花(あじさい)の花がきれいに咲き誇っています。

明日は恵みの雨がそろそろありそうですね。

» 続きを読む

2017年05月26日 | 気になるNZ

  • 投稿者: 池田 信生

こんにちは、

久しぶりのブログです。

学校では、修学旅行シーズン真っ只中です。

まずは、

C3クラスがニュージーランドへ。

行程の半分がサイクロンの影響で雨・・・・

無事に帰ってきました。

次は、

Sアドバンスクラスの3年生がニュージーランドへ。

晴天であることを祈ります。

来年は、わたしたちが行きます。

良い情報、体験談を期待しています。

個人的には、マオリの文化やタトゥーに興味があります。

どうしてって言われても困りますが、

感覚的なものでしょう。

単色でありながら、深みのあるデザイン。

それぞれには意味があり、今も継承されている。

アクセサリーも興味があります。

特に、ヒスイでできたネックレスですね。

自分で買おうと思いましたが、

それぞれのデザインに込められた思いを、

贈り物としてもらうほうが良いらしいです。

本当の贈り物って感じがしますね。

そんなところもいいなぁって思います。

2017年05月17日 | 常々感謝、日々精進。

  • 投稿者: 羽山 和慶

私の好きな会社の1つに株式会社ワコールという会社があります。

近江商人のDNAがはいっている会社と言われています。

最初の出会いは、塚本能交会長にお寿司を御馳走していただいたと記憶しています。

それ以降、お世話になる日のことは、今でも生きる糧にしています。

感謝の心は今でも忘れません。

人間はお互いに助け合い、協力し合って生きている日を常々実感します。

今の自分があるのは、周りの方々に生かされているからだという敬虔な気持ちを持つように心掛けてはいかがでしょうか。

私が生きていられるのは、皆々様のおかげです。

皆様、いつも、本当にありがとうございます。

» 続きを読む

2017年04月27日 | 1年生「徳育」の授業風景

  • 投稿者: 梅原 節

今日は、1年生の「徳育」の授業でした。

本校には「7つの生徒こころえ」があります。

 

「7つの生徒こころえ」

一.自分から行動する

一.終わりを考えて始める

一.優先順位を考える

一.Win-Winを考える

一.相手の伝えたい事を理解してから、自分の伝えたい事を理解してもらう

一.お互いが力を合わせる事で、お互いがお互いの力以上の結果を求める

一.常に自分自身を磨く

 

この「7つの生徒こころえ」をしっかりと理解し、学校生活の中で早く浸透させたいという想いがあります。今日から有限会社エムステージ取締役 伊東永善 様に外部講師でお越しいただき、「習慣」について考えていきました。

生徒たちは、普段「習慣」となっていること、今後「習慣」にしたいことなどを一生懸命考えながら、意見を出し合うことができました。

お互いに出た意見を誉めあい、気持ちも嬉しく自信がついてきた姿がたくさん見えました。

伊東様、生徒たちから、楽しく前向きな意見をたくさん引き出していただき、ありがとうございました。

次回は、5月11日(木)にお越しいただく予定です。今日初めてお会いしましたが、生徒も次回を楽しみにしています。

2017年04月27日 | 第2学年 第1回進路ガイダンス実施(S-アドバンス)

  • 投稿者: 羽山 和慶

日時 : 平成29年4月24日(月)14時30分

場所 : 西宮甲英高等学院 新館 多目的ホール

参加校 : 大学、短期大学、専門学校を含め、約20校

目的:

①1年後の進路決定に向けて、大学や専門学校についての情報を知る。

②学部、学科など将来の職業との関連性について考える。

③複数の学校の内容を知ることで進路決定に向けて視野をひろげる。

です。

参加していただいた20校以上の大学や専門学校の方々は、生徒に対し、丁寧に概要の説明をしてくださいました。

生徒の皆さんも、大学や専門学校の方々が話す内容を聞き、メモをとるなど、熱心な態度でした。

先生方から挨拶もしっかりでき、気持ちよく話ができたというお褒めの言葉をいただきました。

 

勉強も大事ですが、自分の進路を考えることも大事です。

将来の進路を実現させるため、次回の進路ガイダンスも、実りあるガイダンスになることを期待しています。

 

今回参加していただいた大学、短期大学、専門学校の皆さま、ありがとうございました。

» 続きを読む

2017年04月18日 | タブレットを活用し遠足準備

  • 投稿者: 北 康彦

西宮甲英高等学院では、新学期がスタートし授業も始まりました。

4月には早速新しいクラスでの交流、学び場として遠足があります。

3年2組はエキスポシティにある『オオサカ イングリッシュ ビッレジ』

に行きます。ネイティブ講師と実践的な英会話を体験し6月のニュージーランド

への修学旅行に向けて良い準備ができたらと思っています。生徒たちはタブレットを活用し、

会場内のシチュエーションルームを調べ、どこでレッスンを受けるか話し合いました。

«前へ || 1 | 2 | 3 |...| 24 | 25 | 26 || 次へ»