教員ブログ

2017年03月18日 | 「氣は心」

  • 投稿者: 阿形 昌宏

実は過日、自分の子供が通園している幼稚園の先生が、今春定年退職されるので、最後のご挨拶に行きました。

この先生は、自分の子供達が全員お世話になったという事もあるのですが、自分が年長の時の担任の先生でもあります。

親子2代に渡って本当にお世話になりました。

 

 

お話をしている中で、本当に年長だった自分達の事を覚えててられて、まるで昨日の出来事の様にお話して下さいました。

学校を出られて新任として着任され、初めて持った担任が私のクラス。

以前、長女の幼稚園出願の時に、園でフルネールで呼ばれた事にびっくりしました。それこそ3●年前の卒園生を・・・・。

その事も聞きますと、最初に担任した園児の名前、出来事は、忘れもしない思い出!と言われてました。

 

確かに、自分も初めて担任を持った生徒の顔と名前は未だに一致しますし、年賀状をやり取りしている生徒も少数ですが居ます。

教師って、本当に「氣」持ちやな!って思いました。

その初心忘れずに、今後も職を全うしたいです。

 

 

 

 

話は変わりまして、今年度、小学校のPTAが当たっていまして、その仕事の中に、朝登校時の旗持ち当番、即ち、交差点での安全指導があります。

4月当初は嫌々なところもありましたが、2ヶ月に3回の割合で回ってくる当番を最近では楽しみにしています。

児童も慣れてきたのか、「おはようございます」「行って来ます」と大きな声で言ってくれる事が本当に活力になって「氣」合い入ります。自分の子供だけは、無表情で素通りして行くのが気に入りませんが・・。

その中で、何台かパトカーや警察の単車、自転車も通ります。全員ではないですが、自分と目が合いましたらパトカーでしたら敬礼、単車ならば会釈、自転車ならば何か一言掛けてその場を通過していきます(勿論、まったく無視の方も居ますが)。その時は、本当に「氣」持ち良いです!

 

ボランティアだからこそ、ちょっとした警察官のしぐさや一言、嬉しいです。本当に「氣」持ちやな~と。

 

 

 

 

最後に、よく祭禮の話が出てくると思いますが、本当に一年中、祭禮は動いています。

いよいよ我々の「やぐら」は、今年で創立百周年を迎えます。

祭禮をするには、大勢の人の協力と準備、それと多額のお金が必要となってきます。

今年はその祭禮と百周年記念曳行と2回あることになります。

都会の人からすれば、何をアホな事を!と思われるかも知れませんが、そこで生まれ育った環境でしょうか・・・それ無しでは1年は終われない。

 

時間もお金も毎年以上に必要となってきて大変ですが、百年も村の発展や子供達の成長を見守ってきた「やぐら」に、「氣」持ち込めて9月の百周年曳行成功できるよう、現在全力でまい進中です。

 

 

 

 

 

 

 

だらだらと書きましたが、

「氣は心」、損得はあるとは思いますが、「氣」持ちある行動に心がけていきたいと思う今日この頃です。

 

 

 

 

余談ではありますが、久々に映画館に映画を見に行きました。

「モアナと伝説の海」です。

「氣」持ち良い映画でした(内容は書きませんが)。心洗われました。無声映画も最高でした!

 

 

 

映画を見てまだ数日ですので、今のところ心はピュア状態です。

「氣は心」です。

» 続きを読む

2017年01月26日 | 2019年も始まりました。

  • 投稿者: 阿形 昌宏

明けましておめでとうございます!

と言っても、今年ももう1ヶ月が過ぎようとしています。なんせ月日の流れるのが異常に早く感じます。歳のせいでしょうか・・・。

 

 

今年の目標は、勿論「氣合い」ですが、「氣は心」も付け加えて日々を暮らして生きたいと思っている今日この頃です。

 

 

さて、教師の皆さんのブログを見てますと、I先生やF先生は海外に旅行に行かれたとか。

英語が堪能ですと楽しいでしょうね~羨ましいです。

 

自分の幼少の頃を振り返って見ますと、家族旅行等はほとんど記憶にありません。父親が兼業農家で仕事人間であったことも原因ですが、昔の田舎の人はなかなか旅行などは贅沢で、もったいない・・という感覚だったのでしょうか?少なくとも阿形家ではそうだったと思います。

記憶に残る家族旅行は、白浜温泉(和歌山県)と、賢島(三重県)くらいしか・・・。

 

 

 

自分が世帯主になってからは、なるべく家族旅行を!と考えています。海外も数回(ハワイですが)行きましたが、今年は昨年に引き続きスキーに!

場所は岐阜県は流葉スキー場。C-3dayクラスのスキー実習の場所です。

 

 

暖かかったです。ちなみに流葉スキー場は雪不足でクローズだったので、宿は流葉、スキー場はほうの木平スキー場に。

 

 

 

 

高校1年生の時に初めてスキーを覚え、学生の時は、大山や赤倉温泉、志賀高原、野沢温泉等に出かけてました。あの時の体力や気力はないですが、やはり毎年、数本、「ゲレンデを気持ちよく滑りたいな~」という気持ちにはなります。

また、子供にも是非ともスキーが出来るようになって、共通のスポーツで楽しめたらと思い、現在、全員、スクールに入れて特訓中です。

 

 

 

 

 

 

 

何でも子供のときから経験させることは良いことだと考えます。

海外に行って英語を聞いたり喋ったりすることも、スキーをすることも、国外かかわらず良い物を見せたりするのも。

 

 

 

是非とも子供たちにはスキーは自分と同じ2級(SAJ)を早めに獲得して欲しいです。もう一回くらい今シーズン、行きたいです。春スキーなんかは最高ですから!

 

 

しかし、子供もスキー板揃えてしまったら、いくらなんでも車に積めないな・・・。

 

» 続きを読む

2016年12月27日 | 18,000日「地元愛」で生きてきました。

  • 投稿者: 阿形 昌宏

本日で仕事納めです。

平成28年もあっという間に過ぎてしまった・・と思っているのは自分だけでしょうか?

 

年末を迎えれて標題にも書きましたが、18,000日を生きることが出来ました。

次の目標としては20,000日通過を目指したいと思っています。

高校生の皆さんは、6,000日前後でしょうか・・・。まだまだ頑張ってください。

 

 

 

この20,000日通過を達成するには、やはり日ごろのストレスをためない事なのでしょう。

その1つが「地元愛」なのかも知れません。

この18,000日の内、大学の約1,300日を除いては、Y先生からも言われていますが、大阪府のビバリーヒルズで根を下ろしています。更に、我が地区は、首都(市役所、警察署、消防署が在るので)だと思っています。

確かに、田舎ですし、色々整備されていない事も多く、住みにくいと感じる事も多いです。が、それ以上に、色々あるので住み続けれています。

 

 

例えば、祭禮です。ちょこちょこ書いてますので詳細は書きませんが、他所には無いイベントです。伝統を重んじ、脈々と受け継がれて行く、まさに最高です。

 

 

次に食べ物です。泉州は「水ナス」が有名ですが、「泉州たまねぎ」も有名です。また、海の幸が豊富です。

小さい時は、おやつにシャコエビ、季節になればトロ箱で買われたオコゼの造りやワタリガニがふんだんに食卓に並びました。今でこそ高級魚になっているようですが。

 

 

過日、数名の人がブログに書いてますが、大阪府のビバリーヒルズに、親戚でもある「水月」に毎年恒例のふぐツアーに。

 

 

 

美味かったです。

 

 

 

 

また別日に、習い事の忘年会で違うお店ですが

 

 

美味かったです。

 

ほとんどの物が、生かシャブシャブで戴けるくらい新鮮です。

 

 

 

 

また、やはり付き合いが多いということでしょうか。

都会では、わずらわしいと思われている事でしょうが、確かにわずらわしい時もありますが、それ以上に付き合いが大事かと。

 

22日に餅つきをC-3で行ったのですが、餅つき一式、買えば70,000円以上するのですが、地元の先輩で来年度祭礼の頭を張る人からお借りできました。

 

 

0円です。

 

餅つきは大成功。その影には人の付き合いがあった訳です。

 

 

 

 

目標は元気に30,000日は生きたいですね。

「地元愛」を大切にして、過ごして行きたい、新しい年を迎えたいと思います。

ちなみにお雑煮は「白みそ」です。

皆さん、良いお年をお迎えください!

 

 

 

 

 

 

 

ただ、ハワイでのべ1,000日くらいは過ごすことも、十分ストレス解消にはなると思ってます。まだ50日くらいしか過ごせてないので・・・。

 

» 続きを読む

2016年11月26日 | 秋も終わります。

  • 投稿者: 阿形 昌宏

11月22日まで非常に暖かかったのですが、23日から一気に季節が進んだ感がある今日この頃です。

インフルエンザも一気に広がる環境、健康には留意して頂きたいと思います。

 

 

我が家では、三女がおたふく風邪に。その後四女が進行形です。長男は予防接種を受けているのですが、時間の問題で長女、二女がかかる予定です。

自分は一通り済ませていますので、安心は安心です。

U先生はまだなっていないとか・・・自分が媒体となってうつしておきたいと思います。

 

 

 

さて、秋と言えば一番好きな季節である事は何度も書いてますが、過ぎていくのは寂しい事です。

今年も秋祭りは無事に終わりました。

 

 

 

同級生らと。

 

 

 

で、祭禮終了後は、反省会を含めた寄り合いや地区の打ち上げ、他地区との打ち上げ、各役の打ち上げがありますが(ほぼ毎週末打ち上げ)、昨夜の帳元会(祭禮会計)の打ち上げで、自分は今年度の祭禮は終了しました。

と言っても、もう来年度の寄り合いが始まりますが。

 

黒田帳元会メンバーと。

 

 

 

 

こうして地元で異業種のメンバーで飲むことは、勿論楽しいですが、それ以上に色々な話が聞けて、至福の時を過ごしています。

人間、明日、来年、もっと言えば1分後に絶対命があるという保障はどこにも誰にもありません。

他所には無いこのような伝統行事継承を経験出来る事を幸せに思い、人とのつながりを大事に思い、残りの人生、家族も含めて思いっきり楽しめるよう

日々精進していきたいと思います。

2016年10月08日 | 伝統継承!

  • 投稿者: 阿形 昌宏

いつもこの時期になりますと、同じ題名で同じ内容を書くのですが、今年も例年にならい、同じ内容で書き上げたいと思います。

 

目まぐるしい社会の発展の中でもやはり日本独特、地域独特の行事や習わしはやはり伝統として継承していかなければなりません。

最近の外国の祭りを楽しみにしてる日本人も沢山居るとは思いますが!

勿論、強制をして無理矢理参加をさせるのは、それは違うと思います。

そうではなく、皆が自然に解け込んで参加できる環境づくりや努力は必要ですが、気持ちで参加できる事こそが日本人の日本人による伝統継承の重要な要素だと思います。

 

 

難しい堅苦しい話はここまでにしておきまして、泉州地域におきましては現在秋祭り一色です。勿論どこも「我が村一番!」と思って取り組んでいます。

自分の地元、阪南市もまさに祭禮一色です。

 

 

 

秋祭りと言われますと、岸和田のだんじりが有名で、「あ~だんじりね!」とよく言われます。

しかし、我々阪南市は4輪の「だんじり」ではなく、2輪の「やぐら」になります。

この4輪、2輪の違いは、「道が狭いから2輪になった」とか、「4輪より2輪の方が歴史が古く、昔々の阪南市から宮事が始まったのでは?」など、色々な説があります。

何百年前の話しはなかなか解明することが出来ませんが、でも道が広く整備されても、2輪の「やぐら」が脈々と曳き継がれている事は事実です。

 

 

 

さて、10月2日(日)、阪南市20町パレードがありました。その前に、恒例の鳥取神社のお祓いの儀式があり、これが終わらないと曳行が出来ません。

 

 

 

普段の生活では、なかなか神主さんと接する事などないと思います。しかし、この時は、青年団、若頭会、保存会すべての団体がお祓いの儀式に参加し、神事についての作法や内容について誰が教える訳でもなく、滞りなく継承されていってます。

これも、「やぐら曳行」という伝統を継承していってるからこそだと思います。

 

 

 

また、我が村「黒田地区」の「やぐら」は今年で99歳。即ち人間でいうところの「白寿(はくじゅ)」でもあります。

でも、なかなか白寿を知っている我々も含めての現代人はそう居ないと思いますし、使う事もないと思います。

しかし、大正6年に新調され、平成28年まで大修理は何度かありましたが、村の人々に愛され大事に曳行されてきた、まさに伝統継承により、白寿と言う言葉が村中の人に浸透していったと思います。

 

 

 

自分も先祖代々この地に暮らし、今の「やぐら」は、写真や記録に残っているだけで、祖父、父、自分、子供と4世代に引き継がれています。

 

 

今年のパレード。一人我が家の子供でない子供も入ってますが!曳行関係者だけでも230名くらいの大所帯です。

 

 

 

 

明日、明後日は本祭りです。特に、明日は8時から宮入り、宮上がりです。

事故なく怪我なく無事にやり過ごして、これからも伝統を継承していけるよう若くない血をたぎらせて楽しんできます!

(でも、最近歳いったのか、身体が・・・・・・あかん、あかん、まだまだおっさんと呼ばれんようにせんと!)

2016年09月10日 | 秋です!

  • 投稿者: 阿形 昌宏

8月29日の雨を境に、夏から秋に季節が移ったのではないか?と。

秋を愛する私にとっては非常に嬉しい事です。

 

30日からは夜はクーラーも一切つけず、確かに少し蒸し暑い夜もありましたが、快適に朝を迎えることができて

います。

 

 

 

ところで、庭には今、朝顔が毎朝乱れ咲いています。

特に朝顔の種を捲いたのではないのですが、昨年度、小学生の娘の育てていた朝顔の種が庭に落ちたのでしょう。

1年経って、2本、芽が出てきました。残念ながら1本は枯れてしまったのですが・・・。

 

 

 

 

 

朝顔は夏のイメージですが、季語は秋だそうです。

 

最近は日が昇るのが遅くなり、ウォーキングに行く時間では咲いてはないのですが、帰ってきた頃には咲いてます。

なんか、気持ちの良いものです!

 

 

いつまで咲き続けるのかは分かりませんが、この朝顔の命の続く限り、朝、咲き続けて欲しいです!

 

 

 

 

 

 

さてさて、秋と言えば、「祭禮」。今年も怪我なく終われた良いかと!昨年度はええ天気で絶好の秋晴れやったな~

 

 

 

 

 

 

やはり、秋は最高!です。

 

2016年08月04日 | これから夏の恒例行事に!

  • 投稿者: 阿形 昌宏

毎年、冬には「河豚」を食する会合を行っているのですが、今年から「鱧」を食する会合を始めました。

 

 

 

自分もだんだんと歳を取っていき、食も肉から菜・魚にシフトして来ている今日この頃、やはり旬の物を食する、それも旬の始まりではなく、旬の中頃に旬を戴く、この考えを今後も強く強く押し出していきたいと思って始めた会合でした。

 

 

 

 

お店は、「河豚」と同じ阪南市の水月で。今回はY先生とU先生の参加。

 

大皿の左の白い物体は、「鱧の肝」。滅多に出回らない物です。滋養強壮に抜群とか・・。

 

 

 

新鮮さ抜群なので、しゃぶしゃぶで戴きました。

 

やはり美味しい物を美味しく戴けるのは、幸せです!過日の人間ドックで胃カメラ検査をしたのですが、食道、胃、十二指腸は良好!

こもままいけば、冬の「河豚」も健康な内臓で美味しく戴けそうです。

 

 

 

人間ドックを受けて「鱧」を食す!夏の恒例行事になりそうです。

(そろそろ腸カメラ検査もしておかないと・・・・と。)

2016年07月05日 | 色々なプロがあるものです。

  • 投稿者: 阿形 昌宏

テニス部のブログにも書きましたが、本校通信制の卒業生である土居美咲プロが、

 

リオオリンピックに出場決定!

 

致しました。

 

 

 

所属する「ミキハウス」のオリンピック壮行会にて。㊗リオ出場!

 

 

 

 

本当に凄い事なんやろな~と思っています。

プロになって、最近、メキメキランキングが上がってきました。男子の錦織圭プロよりはまだ名前が知られていないとは思いますが、同級生や他の競技をしている人に彼女の事を話すと、意外と知っている人が多く、「この知名度こそがプロ!」と思いました。

 

是非とも、テレビの画面でですが、氣合い入れて応援したいです!

 

 

 

 

もうひとつは、全日制21期生の卒業生で自分が3年間担任をしました松井駿が、この度本格的にプロのゲーマーとして、台湾を活動拠点として活躍することが決まりました。

 

台湾に行く前に学校に来てくれました。

 

 

在学中は、本当に色々あった生徒でした。

最初は、キックボクサーとしてプロデビューしましたが、デビュー戦で身体の一部を負傷、そこから一転、プロのゲーマーに。

彼が着ている服には、スポンサーがずらり・・・。日本では聞きなれないプロのゲーマーは、世界では結構メジャーのようで、賞金もすごく稼いでいるようです。今度、賞金10億円の大会にチームで出場するようです。

 

 

 

インドア、アウトドアの違いがあれど、プロはプロ。

自分の関わった生徒がこのように世界で活躍してくれることは、非常に喜ばしいことです。

息の長いプロ生活を送ってもらいたいです!

 

 

 

しかし、長い事教師をしてますと、本当に色々知ることが出来ます!

 

 

 

2016年06月04日 | 行きたいな・・・・・

  • 投稿者: 阿形 昌宏

ゆっくりしたいと最近強く思い続けている今日この頃です。歳をとった証拠でしょうか・・・・。それとも、自分なりに、寿命を考えて、本能的に終焉から逆算をしてるのでしょうか・・・。

 

 

せめて、こんなところで10日間ほどゆっくり出来ましたら、命の洗濯になるのでしょうね~画像見てるだけでは、物足りませんが・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年05月07日 | 日に日に・・・・

  • 投稿者: 阿形 昌宏

新緑香る5月になりました。黄金週間は皆様、いかがお過ごしでしたでしょうか?が、まだ感覚的には春なのかな~と。春はあまり自分に合わない季節であるとは何度もこのブログでも書きました。

 

 

教師をしてクラブ活動を持って以来、この時期に公式試合がありますので、まともに味わって過ごしたことなど未だにありません。

かと言って、帰省すると言っても帰省する場所もありません(生まれも育ちも今の家です)し、行楽地は人だらけ、高速道路も勿論渋滞(阪神高速神戸線 名谷~西宮渋滞30kmとなってました・・)でしょうから、今のままの生活が良いのかも知れません。

 

 

 

さて、子ども達は当たり前ですが1つずつ進級をし、色々クラブ活動や委員会活動も軌道に乗ってきたようです。

 

 

長女は中学校でバスケットボールに入部。全く興味の無い競技の1つなのですが、是非とも自分が経験したことのない団体スポーツで、3年間は続けて欲しいです。

ちなみにもう指を突き指して腫れ上がっています。

 

 

 

 

二女は小学校で手話クラブに入部、毎日お風呂の中で復習しています。手話などをこの歳で教えてもらえるなんて、非常に有難い事です。

呑み込みも早いので、簡単な手話で会話がもうできています。あと、阿形家の掟で、この学年から入部できる落語クラブにも今後入部しないといけません。

2月の寄席デビューが楽しみです。

 

 

 

三女は、クラスで「いきもの係」になったようで、何か生き物を飼って育てて行こう!となっているらしいです。ちなみに自分も小6の時に、飼育委員長をし、ウサギやアヒル、ニワトリの世話をしたものです。家庭科の調理実習で、ニワトリが産んだ卵を勝手に取ってきて、卵料理を作ったことで、えらい怒られたことを思い出しました。

ただ、三女の考えでは、バッタやトカゲなどの昆虫ではなく、まずはナメクジからの飼育に挑戦するようです。なぜナメクジなのかは分かりませんし、飼育できるのかも分かりませんし、飼育して楽しいのかも自分には分かりません。でも、彼女の可能性に掛けてみたいと思います。

 

 

 

さて、阿形家の庭には、

 

 

 

 

日々起こることは、フィクションかノンフィクションかは分かりませんが、日に日に子供たちは成長し、我々は人生の終焉に向かっていることは確かです。

先を見据えて人生を歩んでいきたいと思った今日この頃でした。

 

 

 

 

 

«前へ || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 || 次へ»