教員ブログ

2016年11月22日 | 変わったこと!

  • 投稿者: 栗谷 直樹

大変ご無沙汰してます。猪名川甲英の栗谷です。

4月から生徒と一緒に農業実習に参加しています。実習を通して、自分の中で変わったことがあります。

これまで、どちらかという「農業」にあまり、それほど、ほとんど?興味がありませんでした。しかし、少しずつ興味・関心を持つようになりました。

ある日、水やりをしていた時のこと。「大きくなぁ~れ」とつぶやいていました。

スーパーに行くと、野菜売り場に目がいくようになりました。

父親がサラリーマン退職後、畑で野菜を作っています。時々、収穫した野菜を送ってもらうのですが、初めて心より感謝しました。

「いくら農作業をしても、全く疲れない! 腰も痛くない! 何時間でも出来る!」という夢を見ました。

緑黄色野菜、トマトももちろんそうですが、「色」で分類されているのではないと知りました。

「いただきます」の本当の意味・・・。少し伝えられる気がします。

これからも生徒達と共に、前向きに取り組んでいきたいです。皆さん、機会がありましたら、猪名川甲英に起こし下さい。

 

 

» 続きを読む

2015年07月10日 | まだまだ

  • 投稿者: 栗谷 直樹

皆さんは、〇〇定食というと、いくらを想像されますか?

以前(といっても数年前)、買い物に行って、お昼を食べようということで見ると、その値段にビックリ!

「焼そば定食」がなんと、450円でした。量が少ないのかと思えば決してそんなことはなく、ご飯とみそ汁

と漬物が付いてます。定食なのだから、当たり前なのですが。

先日、ふとその「やきそば定食」を思い出し、日曜日に行きました。かなり混んでいて、座席の確保も難し

い状態でした。食券を買い、やっとのことで席を確保し、水と食券を置いてお手洗いに。戻って来ると、

ビックリ! 確保したはずの席に他の人が座っています。目と目が合ったのですが、その人は車イスの方

でした。「どうぞ」と声を掛け、再び席の確保です。

もう少しでというところで、今度は中学生くらいの男の子が、スタスタと前方に進んで行きます。「みんな並

んでいるのに・・・」と思っていたら、その男の子はさらに進み、注文したご飯を受け取るカウンターまで行

きました。

「あの~これ、落ちてたんですけど・・・」 手には1000円札が握られていました。

まだまだすてたもんじゃありません。

2015年06月05日 | ゴロキング

  • 投稿者: 栗谷 直樹

昨年の夏から始めたソフトボール。思ったより打てず、走れず、守れずと大変でした。

練習を重ね、ようやく手ごたえを感じて臨んだ今シーズン、先週の日曜日に試合がありました。

 

 

まずは足元から、ということでスパイクを購入しました。今まで履いてなかったの?

なんとかなると思っていたので。言い訳が出来ないよう、自分を追い込みました。

やはりスパイクを履くと、引き締まります。

日曜日の試合で初勝利! ダブルヘッダーだったのですが、なんと連勝です。

 

 

昔から使っていた革手が破れたため、同時に買って、周囲から「気合いが入っているなぁ」と言われ、

気合いは入っていました。

ところが、セカンドゴロ(ソフトボールでダブルプレー)・セカンドライナー・センター前ヒット・四球。

第2試合は、四球・四球・ピッチャーゴロ・ファーストゴロ・セカンドゴロというありさま。

「ゴロキング」と呼んでやって下さい。

2015年04月28日 | お知らせ

  • 投稿者: 栗谷 直樹

西宮学習センターの生徒の皆さん(27年度卒業見込生)へお知らせです。

 

その1

 

平成27年度 前期 校外スクーリング体育・ハイキングのコースが決まりました。

先週、下見に行って来ました。学校から2号線に出て、大阪方面に直進。武庫川河川敷をひたすら歩きま

す。その後北上し、仁川駅で解散となります。運動の苦手な人でも大丈夫! 詳細は、5月23日(土) 15時

からの前指導でお伝えします。注意して欲しいのは、「水分補給」です。


その2


平成27年度 「進学・就職」ガイダンス

郵送でお知らせしましたが、5月16日(土) 14時から「進学・就職」ガイダンスを行います。進路について、

悩んでいたり迷っていたら、是非参加して下さい。5月9日(土)までに、出欠の連絡をお願いします。


その3

 

平成27年度 校内進路ガイダンス

6月20日(土) 14時から、校内進路ガイダンスを行う予定です。来校していただく学校名は未定ですが、

「理美容」「医療・福祉」「コンピュータ」等の専門学校をはじめ、複数の大学の方にも来ていただきます。

進学を希望している人は、積極的に参加して下さい。詳細は、5月中旬以降にお知らせします。

全てにおいて、しっかりと準備しましょう。

2015年03月24日 | 感謝

  • 投稿者: 栗谷 直樹

先月、身内で大谷本廟へ行きました。

宿は琵琶湖を一望できるホテルでした。

 

 

その時の部屋がこちら。最上階で、露天風呂つき。あいにく天気が悪く小雨がパラパラ降っていたのが残

念です。肝心な料理を撮るのを忘れました!

 

 

「世の中に山てふ山は多かれど山とは比叡のみ山をぞいふ」

なんとか撮ったのですが、向こう側に見える山が比叡山です。

最近、墓参りや法事などに対する意識が変わってきました。両親の歳も平均寿命にさしかかり、自身も歳

をとったからでしょうか。

「感謝」

自分を支えてくれる人、全てに感謝です。

 

 

 

2015年02月12日 | Debut

  • 投稿者: 栗谷 直樹

昨年の秋からソフトボールに参加しています。練習は毎日曜日、8時30分から2時間。個人

的には、「走る」「投げる」「守る」の全てにおいて、一昔前に比べたら3割程度かと。「打つ」

に関してはひどいものです。一番自信があったのですが、全くダメです。

昨年の公式戦は5試合。打撃内容ですが、

センターライナー・ショートゴロ

センターフライ・ライトフライ

センター前ヒット・セカンドゴロ・セカンドゴロ

ショートゴロ・ショートライナー

四球・四球・三振・四球

というように10打数1安打、打率0.100。唯一のヒットもドン詰まりで、大半が手がしびれる

というありさまです。

この帽子は? 伝統ある西宮甲英高等学院・野球部のもの。紺系統であれば、なんでもOK

らしく、被っています。

最近になって、打撃のコツをつかみました。家での素振りはもちろん、ランニングも取り入れ

て体を作り、打率向上に励もうと思っています。

2014年12月25日 | 4回

  • 投稿者: 栗谷 直樹

 

先日のC-3dayクラス2年生のパラグライダーです。最初は左側の高い所に行ったのですが、インストラクターの判断で、右の方に変更になりました。引き返す時に斜面を下って行くのですが、この時にスッテンコロリン。生徒は何事もなく下っていました。この場所に戻ってきて、最初はまた下りなのですが、すぐに2回目のスッテンコロリン。後ろに他のお客さんがいて、恥ずかしかったです。

風を待ち、他に10名ほどいたので、生徒がテイク・オフするまでにかなり待ちました。生徒が飛んだ後、その場に取り残されたような気がして、O先生に連絡。声を聞いた時はホッとしました。下山は車での移動なので、車道まで出ることに。またまた下り、3回目です。誰も見ている人はいませんでしたが、一人で笑ってしまいました。少しなだらかな所を過ぎて、再び下り、つまり4回目の・・・。転倒する際、左手から新雪を突くような感じになり、土も突いたのか、痺れました。今も痛みが残り、情けないの一言です。パラグライダーは最高でした。飛んでませんが。

 

 

帰りの高速道路のS・Aで見つけました。意外なことに、「走り始めから60分」までが事故の起きやすい時間帯だということです。年末・年始に車に乗られる方々、くれぐれも気をつけて下さい。

 

 

何人かの先生が載せてましたが、河豚です。まず刺身で食すのですが、これが美味! その後もやはり美味しいものは美味しい。一般的には考えられないようなお値段でご馳走になりました。A先生、また食べたい!

あっという間に一年が終わろうとしています。来年はどんな年になるのでしょう。皆さん、良いお年をお迎え下さい。

2014年11月14日 | 衝撃でした!

  • 投稿者: 栗谷 直樹

先日、後楽園と岡山城と大原美術館に行きました。

 

 

実際の作品は撮れないので、売店にあった絵葉書。これはポール・ゴーギャンの「かぐわしき大地」。

 

 

これは定番でしようか、エル・グレコの「受胎告知」です。中でも衝撃だったのが、

 

 

ルチオ・フォンタナの「空間概念 期待」です。元の言語であるイタリア語では、切れ目が一つの作品には「期

待」を意味する単語が当てられるようです。フォンタナ曰く、「画家として、キャンパスに穴をうがつ時、私は絵画を

制作しようと思っているのではない。私は、それが絵画の閉鎖された空間を越えて無限に拡がるよう、空間をあ

け、芸術に新しい次元を生みだし、宇宙に結び付くことを願っている。」

これらの絵葉書をもとに、美術のN先生にお話しを聞きました。とても勉強になりました。

2014年10月07日 | ルーブル彫刻美術館

  • 投稿者: 栗谷 直樹

 

現代文の教科書に「ミロのヴィーナス」があります。最初は何も考えず授業をしていましたが、途中からとても興味が湧いてきました。そして今年、ふとテレビのニュースでルーブル彫刻美術館を知り、それが実家の近くだったので、夏に行ってきました。

 

 

館内の作品はルーブル美術館にある、彫刻作品1300点を本物から直接型をとり作成したレプリカを展示しています。「ミロのヴィーナス」は高さ214cm。この両腕のない「美」がたまりません。一度だけ本物が1964年に日本に来たようです。

 

 

118点の断片が見つかり復元されたのが、「サモトラケのニケ(勝利の女神)。こちらは高さ320cm。「ミロのヴィーナス」と共にルーブル至宝の双璧だそうです。

それほど広くない館内でしたが、全ての説明文を読み、3時間ほどを費やしました。これを機会に美術に目覚めたというわけではありません。ただ、出来るなら本物を見たいという衝動にかられました。

驚いたことが一つ。1300点ほどの展示物がありましたが、「作品には触れないで下さい」という張り紙はどこを探してもありませんでした。

2014年08月30日 | 今更・・・

  • 投稿者: 栗谷 直樹

暑い日が続いていますが、皆さんお元気でしょうか? やはり今年も夏バテすることなく、そ

れどころか体重は微増で、秋を迎えることになりそうです。本来は26日がブログ担当でした

が、うっかりすっかり忘れてまして・・・。

 

突然ですが、1位 「髪」 2位 「表情」 3位 「姿勢や歩き方」

さて、これは何でしょう?

実は「男の見た目のかっこよさを決める要素」です。 整った目鼻立ちや均整のとれた身体

といった、生まれ持ったものではなく、健康的な髪、表情、姿勢とっいた、気遣いや努力で改

善できる要素で決まるとか。今年の夏、崇拝する信長公が「本能寺の変」で亡くなった歳と

並びました。今更・・・とも思いますが、少し意識してみようかと。

 

それから、今年のお盆休みに美術館に行きました。このお話は次回に。

 

 

 

 

 

 

 

 

«前へ || 1 | 2 | 3 | 4 || 次へ»