教員ブログ

2017年06月23日 | サボテンの花

  • 投稿者: 吉岡 展史

こんにちは、吉岡です。

梅雨の時期に入りましたね。

今年は雨が少ないように感じていますが、このブログを書きながら職員室の窓を見ていると、どんよりとしています。予報では明日から雨が降るそうです。

私は正直、雨はあまり好きではないのですが、梅雨の季節は木々が青々と茂り、植物が生きいきと力強く葉を揺らし、生命の躍動を感じるこの季節は好きです。

我が家にある植木達も同様で、現在は、この季節ならではのアジサイがたくさんの花を咲かせています。

庭の花だけでなく、街中で見る花が咲いているのを見るたびに少し心がほっこりしますよね。

 

さて、題名についてですが、

皆さんはサボテンの花を見た事がありますか?

えっ?サボテンって花が咲くの?

と思っている人も多いと思います。

実は可愛らしい花が咲くんですよ。

そして、今年も咲きました。サボテンは5月から10月まで次々と花が咲きます。

しかも、花は夜中に咲いて翌日の昼にはしおれてしまうんです。

何かはかない感じがするサボテンの花!

 

こんなんです。↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 


 

自宅にたくさんありますので欲しい方がおられましたら、吉岡までお声かけて下さい。

 

2017年05月13日 | 日本三大夜景

  • 投稿者: 吉岡 展史

こんにちは、吉岡です。

みなさんは、日本三大夜景をご存知でしょうか?

私は先日、初めて知りました。

神戸市の麻耶山に昼間、登った際に摩耶山から見る夜景が、函館山から見る函館市の夜景と稲佐山から見る長崎市の夜景と共に日本三大夜景に選ばれている事を知りました。

「へ~。そうなんや~。」と思いながら、これは早速、見に行きたいと思いました。

後日、天気の良い休日に麻耶山に夜景を見に行きました。

少し霧がかかっていましたが、絶景でした!

学校の近くにこんな美しい日本三大夜景があるとは思いもしませんでした。

皆さんも是非、摩耶山からの夜景を一度は見に行ってみて下さい。

2017年03月25日 | 巣立って行きました!

  • 投稿者: 吉岡 展史

こんにちは、C-3dayクラスの吉岡です。

3月2日(木)に西宮甲英高等学院C-3dayクラスの卒業式を行いました。

 

 

卒業生は皆、それぞれの夢に向かい羽ばたいて行きました。

 

 

「人生は冒険なり!」

卒業生のこれからの人生が素晴らしい冒険になりますように。

卒業生の皆さん。体に気を付けて頑張ってくださいね。

また会う日まで。

2017年03月12日 | スキー実習に行ってきました。

  • 投稿者: 吉岡 展史

こんにちは、吉岡です。

先日、C-3dayクラス2年生、1年生とスキー実習に行って来ました。実習初日の朝は小雨が降っていましたが、午後から晴れ間も見えて、最終日までコンディション良く実習する事ができました。

 

 

「雪山に行くのも初めて」と言う生徒も多く、初日はスキーの取り扱いに苦戦する生徒が大半でした。実習初日は、笑顔も少なく見えましたが、少しずつ滑れるようになると笑顔も増え、最終日にはほとんどの生徒が楽しそうにゲレンデを滑走していました。

結果的に参加生徒全員がスキーを滑れるようになっていました。それだけではなく、全員がSAJバッヂテスト(3級~5級)にも合格しました。みんなの努力の賜物ですね。

将来、1人でも多くの生徒が、スキーやスノーボードなどの雪上活動に親しんでくれる事を期待しています。

2016年12月11日 | 師走の贅沢

  • 投稿者: 吉岡 展史

こんにちは、吉岡です。

めっきり寒くなりました。気がつけば、師走です。今年も残りわずかとなりましたが、一年の最後に私、贅沢をしてまいりました。

今日はそのお話を書かせていただきます。

先日、C-3dayクラスのA先生にお誘い頂き、Sアドバンスクラス、C-3dayクラス、通信コースの先生方総勢7名で大阪のビバリーヒルズ阪南市(A先生談)へてっちりを食べに行きました。

 

ここで、「てっちり」うんちくを一つ。

「てっちり」の語源は、「鉄砲とふぐの毒は当たると命を落とす」と、シャレ的な意味合いで昔からふぐの事を「鉄砲」と呼んでいたそうです。

その「鉄砲(ふぐ)」のちり鍋という事で「てっちり」と呼ばれています。

 

今回、絶品てっちりをご用意して頂いたのは、阪南市の「水月」さんです。

A先生の行きつけのお店で、気さくな大将と女将さんにてっちりの食べ方をご指導いただきながら箸をすすめました。

美味しそうでしょう?

めちゃめちゃ美味しかったです。

こちらの大皿のてっちりは3段階の食べ方ができたんです。

 

まず、切り身をそのまま刺身で頂きました。

なんという歯ごたえ!

恐るべし天然とらふぐ!

旨い!

 

 

次に、切り身をしゃぶしゃぶして頂きました。

絶品です。

外は霜降りで中は歯ごたえがあり、ポン酢が絶妙に絡まり最高でした。

旨い!

 

 

そして、てっちりとしてお鍋で頂きました。

プルンプルンのコラーゲンとふぐの艶やかで上品な白身がこれまた、たまらないハーモニーを奏でていました。

旨い!

 

 

A先生、ご馳走様でした。

来年も招集お願いいたします。

2016年11月20日 | 鳥が飛ぶ所に魚がいる!

  • 投稿者: 吉岡 展史

こんにちは、吉岡です。

先日の休みに釣りに行ってきました。

自宅からですと、大阪湾の南港が近いのですが、食べるとなると少し離れた所に行きたいと思い、

1時間少々車を走らせて、和歌山県にほど近い岬町にある深日港(ふけこう)に向かいました。

 

よく、テレビ番組で

「鳥が飛ぶ所に魚がいる」と漁師さんが言っていますよね!

 

そして、深日港に到着すると、あれ?

これはもしかして!

漁師さんの言う、憧れの「魚いてますよ!」状態ではないですか?

しかし、心の中で本当に魚がいるのかな~?

と思いつつ釣り始めると、入れた途端にイワシが釣れました。

周りの釣りをされている方のバケツは皆、溢れるほどイワシが入っていました。

釣り始めてから止まることなく釣れに釣れまして、2時間で300匹程釣れました。

その後、鳥の群れがいなくなるとイワシはピタッと釣れなくなりました。

昔から受け継がれる漁師さんの格言は本当だったんですね。

お見逸れしました。

釣った魚はご近所や友達にお裾分けしまして、自宅には60~70匹程持ち帰り、刺身とてんぷらにして1匹残さず食べました。

新鮮でとても美味しかったです。

2016年10月23日 | 国民栄誉賞

  • 投稿者: 吉岡 展史

こんにちは、吉岡です。

先日、リオデジャネイロオリンピックにて金メダルに輝いた、女子レスリング58Kg級の伊調馨選手が

国民栄誉賞を受賞されました。おめでとうございます。

 

オリンピック史上、女子の個人競技での4連覇は伊調選手以外いないそうです。

国民栄誉賞も当然ですね。

 

ちなみに、国民栄誉賞を受賞されたスポーツ選手はどれくらいいるのかな?と疑問に思い、ちょっと調べてみました。

今まで、23名と団体1組が国民栄誉賞を受賞されています。その内、スポーツ選手の受賞は、以下の10名と団体1組となります。

 

・王貞治(プロ野球)

・山下泰裕(柔道)

・衣笠祥雄(プロ野球)

・千代の富士(本名:秋元貢)(大相撲)

・高橋尚子(マラソン)

・2011年なでしこジャパン(女子サッカー)

・吉田沙保里(女子レスリング)

・大鵬幸喜(本名:納谷幸喜)(大相撲)

・長嶋茂雄(プロ野球)

・松井秀喜(プロ野球)

・伊調馨(女子レスリング)

 

全員、超トップアスリートですね。

 

今のところ、伊調選手は、現役続行に関して明言をされていません。しかし、伊調選手の東京オリンピックでの

5連覇を見てみたいと思うのは、私だけではないはずです。是非とも伊調選手の現役続行に期待するとともに、

5連覇の偉業を成し遂げてもらいたいです。

ちなみに、伊調選手にタックルされてみたいと思うのは私だけでしょうか、、、、、。

2016年09月22日 | 初夏の贅沢

  • 投稿者: 吉岡 展史

こんにちは。吉岡です。

7月初旬のお話でありますが、A先生の地元、大阪のビバリーヒルズ阪南市(A先生談)へ

U先生と鱧(はも)を食べに行きました。

ここでうんちくを一つ、鱧の旬の時期については、1年に2度あるそうです。


では、鱧の旬の時期とはいつでしょうか。

1回目の鱧の旬の時期は6月から7月にかけてです。

時期的には気温が高くなり、鱧が活発になる時期に当たります。また、鱧は梅雨時の水を飲んで旨くなるとも言われています。栄養をたっぷりと取りながらも淡白な旨味があるのは、豊かな栄養と水のおかげ。鱧の1回目の旬の時期が6月から7月にかけてというのも頷けるところです。

今回の時期は、まさに 「ジャストミーーーーーーーート!!!」でございました。

本当に美味しかったです。


そして、8月になると鱧は産卵の時期を迎えます。産卵をすると鱧はやせてしまうので、風味が落ちると言われています。

では2回目の鱧の旬の時期はいつでしょうか。

2回目の鱧の旬の時期は秋の終わりころです。


鱧は産卵によってやせてしまいますが、産卵後の鱧は食欲も旺盛で脂ものってきます。この時期の鱧は「落ち鱧」といわれますが、この落ち鱧の時期は鱧の脂の持つ奥深い旨みが味わえる季節となるそうです。

秋はそこまで来ています。

また食べたい、、、、、、、、。

しかし、年に2回は贅沢ですね。

来年の初夏の楽しみが一つ増えました。

2016年08月03日 | リオデジャネイロオリンピックが始まります

  • 投稿者: 吉岡 展史

吉岡です。いよいよ、8月5日からリオデジャネイロオリンピックが始まります。

本当に楽しみです。12時間の時差があるので、オリンピック開催中は、寝不足になりそうな気がしています。

オリンピックでは卒業生の土居美咲選手が出場する女子テニスも気になりますが、私が注目しているのは、

生徒の皆さんと同じ10代の選手の活躍に期待しています。

 

【競 泳】

池江璃花子選手(16歳)

長谷川涼香選手(16歳)

今井月選手(15歳)

持田早智選手(16歳)

酒井夏海選手(14歳)

 

【卓 球】

伊藤美誠選手(15歳)

 

【バドミントン】

山口茜選手(18歳)

 

【体 操】

杉原愛子選手(16歳)

宮川紗江選手(16歳)

 

【高 飛 込】

板橋美波選手(16歳)

 

中高生の選手の多さにびっくりですね。

この中から10代のメダリストが誕生することを心より期待しています!

2016年07月06日 | フィールドホッケー女子日本代表

  • 投稿者: 吉岡 展史

こんにちは、吉岡です。

みなさん、フィールドホッケーってご存知ですか?

今夏のリオデジャネイロオリンピックに女子日本代表の出場が決定しています。

「さくらJAPPAN」とも呼ばれているんですよ。

先日、大阪で日本女子代表対カナダ女子代表の親善試合が行われました。

現在、我が家の長女と次男が、フィールドホッケーのスポーツ少年団に加入しており、

先日、行われた、日本女子代表対カナダ女子代表のエスコートキッズ(選手と手をつないで入場するやつです。)に招待されました。

日本女子代表の選手団をまじかに見れて、今後の練習の励みになればと思います。


ちなみに私は、スクーリングのため写真だけみさせてもらいました。

私の注目は、さくらJAPANのキャプテン、中川未由希選手です。

4大会連続でオリンピックに出場しているそうです。

リオデジャネイロオリンピックでは、メダル獲得を目指して頑張ってもらいたいものです!

«前へ || 1 | 2 || 次へ»